2012年3月21日

[Database] Tom Kyte Webcast on Oracle Maximum Availability Architecture Best Practices - Thursday, April 12 @ 10:00 AM PDT

原文はこちら。
https://blogs.oracle.com/databaseinsider/entry/tom_kyte_webcast_on_oracle

[日時]
2012年4月12日(木)10時から(太平洋夏時間)
2012年4月13日(金)2時から(日本時間)

Oracleのエキスパート、Tom Kyteと共に、最新の知識を入手しませんか?

完全かつ正確なデータを常時利用できることを前提としている多くのオペレーションをもつ全ての組織にとって、データは最もクリティカルな資産の一つです。
OracleのMaximum Availability Architecture (MAA)を実装することにより、組織は停止時間に関わるコストやリスクを最小限にすることができます。OracleのMAAベストプラクティスはOracle Databaseだけでなく、Oracle ExadataやOracle Database Applianceを含む幅広い製品にまで及びます。
OracleのエキスパートであるTom KyteのライブWebcastに是非ご参加下さい。このWebcastで以下のことを知って頂けます。
  • 計画停止、非計画停止からシステムを守る方法
  • 高品質のサービスを最小のコストで実現する方法
  • データセンターでの無駄な冗長性を排除する方法
今すぐ登録いただき、Tomに可用性のベストプラクティスに関連する質問をぶつけて下さい。

Oracle Maximum Availability Architecture Best Practices (登録ページ)
http://event.on24.com/r.htm?e=409583&s=1&k=160F11CF969DBFE08BDC6E3EF510671A

0 件のコメント:

コメントを投稿