2017年2月2日

[Java] Java EE 8 - January recap

原文はこちら。
https://blogs.oracle.com/theaquarium/entry/java_ee_8_january_recap

1月はJava EE 8にとって慌ただしい月でした。直近で起こったアクティビティを簡単にまとめてみます。

JSF 2.3、JSON-P 1.1、CDI 2.0がPublic Draft状態になっています。それぞれのPublic Draft期間が終了するまでにこれら3個の仕様をチェックし、フィードバックすることが重要です。
JSRPublic Previewの期間
JSR 372: JavaServer Faces (JSF 2.3) Specification
https://jcp.org/en/jsr/detail?id=372
2017/1/23 - 2017/2/21
JSR 374: JavaTM API for JSON Processing 1.1
https://jcp.org/en/jsr/detail?id=374
2017/1/17 - 2017/2/16
JSR 365: Contexts and Dependency Injection for JavaTM 2.0
https://jcp.org/en/jsr/detail?id=365
2017/1/31 - 2017/3/2

JAX-RSについて言うと、3個のJAX-RS 2.1の高価な機能のうち2個、すなわちReactive Client APIとServer-sent Eventsのサポートに関する完全な提案ができたことで、かなりの進捗がありました。
JAX-RS 2.1 Reactive Client API
https://blogs.oracle.com/PavelBucek/entry/jax_rs_2_1_reactive
https://orablogs-jp.blogspot.jp/2017/01/jax-rs-21-reactive-client-api.html
[jax-rs-spec users] Server-Sent Events API proposal
https://java.net/projects/jax-rs-spec/lists/users/archive/2017-01/message/142 
Non Blocking I/Oプロバイダは3番目の高価な機能で、引き続きJAX-RS Expert Groupで議論されているはずです。
JAX-RS Expert Group Mailing List Archive
https://java.net/projects/jax-rs-spec/lists/users/archive
JSR 380のSpec LeadであるGunnar Morlingは、Bean Validation 2.0の進捗について、間もなくEarly Draft Reviewを予定しているとのことです。この間、Draftの進捗状況を常に確認することができます。
JSR 380: Bean Validation 2.0
https://jcp.org/en/jsr/detail?id=380
Bean Validation 2.0 Progress Report
http://beanvalidation.org/news/2017/01/19/bean-validation-2-0-progress-report/
Bean Validation 2.0 specification - WORK IN PROGRESS
http://beanvalidation.org/latest-draft/spec/
Servlet 4 Expert Groupでも作業が進んでいます。HTTP/2 (例:Server Push)の技術的実装の詳細のいくつかが現在議論されているということです。
Servlet Specification : Users Mailing List
https://java.net/projects/servlet-spec/lists/users/archive
さらに、Security JSR (JSR-375) についての議論が今後数多く見られると思われます。
Java EE Security API Specification : Expert Group Mailing List
https://java.net/projects/javaee-security-spec/lists/jsr375-experts/archive/2017-01/
最後に、MVCの仕様策定をコミュニティ主導に移転する件に対する投票が終了し、承認されました。つまり、ペーパーワークを進めることができるようになったということです。そして、Ivar Grimstadはまもなく正式に新しいMVC仕様のリードになるはずです。
JSR #371 Model-View-Controller (MVC 1.0) Specification Transfer Ballot
https://jcp.org/en/jsr/results?id=5907
JSR 371: Model-View-Controller (MVC 1.0) Specification
https://jcp.org/en/jsr/detail?id=371 
具体的には、4個のJava EE 8仕様がPublic Draft(JSON-B 1.0、JSON-P 1.0、JSF 2.3、CDI 2.0)の状態にあります。それゆえ、仕様に関与し、テストし、これらの仕様に対するフィードバックを出すのにいいタイミングです。コントリビュートの出発点として、先日JCPが実施したAdopt A JSRのWebcastをご覧になるのをお奨めします。
Adopt-a-JSR for Java EE
http://linkis.com/www.youtube.com/2mnrm 
まだまだ早期の段階ではありますが、Java EE 8参照実装(Reference Implementation)、つまりGlassFish 5に関わるアクティビティの復活を確認できます。
glassfish - Java.net JIRA
https://java.net/jira/browse/GLASSFISH/?selectedTab=com.atlassian.jira.jira-projects-plugin:summary-panel
その点で、Java.net終了のことを、明確かつ十分に意識しています。Java.netの終了によって、Java EE、つまりJava EEに関連するJSRやGlassFishを含むさまざまなRIに影響を与えないように努めており、できるだけ早くより具体的な詳細を共有する予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿